破産認定が済んだ際に、どの程度の損害(デメリット)がありうるかは、破産申立を考えた人にとって絶対に初めに知りたい説明だと思います。続けて破産宣告者が避けられない不便についての列挙形式にしたいと思います。・公共の破産者一覧に記述されます。※公共の証明書を作成するための書類であるから担当者以外は入手することが無理ですし免責の承認が手に入れば消滅します。・官報上に掲載される。※普通の新聞とは異なりノーマルな書籍店では販売されませんしほとんどの人々には関連のないことだと考えます。・公法のライセンス制限。※自己破産者になったとすると弁護人、税理士などのような有資格者は資格喪失になってしまい事業が不可能になります。・私法でのライセンス限定。※成年後見人、遺言執行人となることが認められません。それだけでなく合名会社、合資の会社のメンバーおよび株式会社、有限形式の会社の監査担当役は退任要素とされてしまいます。・ローンやクレジット機能を用いることができなくなります。そして、破産管財人事件については次の制限も加えられます。・資産を好きに使用、処分することが不可能になります。・破産管財者や貸し手団体の求めを受けて十分な応対をしなければならなくなります。・裁判官の許しを受けず居住地の変更や長めの遠征をしてはいけなくなります。・裁判官が必要と許可する際には体を捕縛される場合もありえます。・郵便物は破産管財を行う者に送られ破産管財をする人は郵便を開封権限があります。今まで述べた以外の破産した方の不利益に関連した通常誤認されている事項を一覧にしました。1戸籍文書それと住民データには記載されません。2組織は自己破産したことを根拠として解雇することは認められません。※当人から伝えないかぎり周囲にばれる可能性はゼロに等しいです。3選挙権限や選挙権限などの公民の権利は奪われません。4連帯保証役になっていなければ近親者に代わりに払う義務などはありません。5最小限日常に不可欠な備品(コンピューターTVなどを入れて)着るものなどは差し押さえないです。破産者の不利益についてあげました。破産をしたら借金はゼロになるかもしれませんが今まで挙げたデメリットがあります。自己破産を実行する上で、アドバンテージも不便性きちんと思案した方がよいと思います。