カードをショップで使用する際に、もれなく経験したことがあるかと考えますがレジの担当者が不慣れなためいったいどのレシートをお客様の方に渡せば良いのか迷うときがあるのではないでしょうか。

クレジットカードを使用するとレジより3枚のレシートというものが印刷されるからでして、このレシートの中のどの明細をお客さんの方に差し出すべきか迷いやすいというものだ。

3枚1組の利用明細の意味●これらの3枚の使用明細の説明はどういうものかということについてまとめると下記の通りです。

1利用者に渡す用の明細レシート。

2店舗控え用のレシート。

3クレジットカード会社控え用明細(サインをする明細)。

普通であれば例外なく利用者の方に渡す用の明細を渡してくれるはずなのですがごくたまに、お店の控え明細レシートを利用者側へミスして渡すようなことや記名をしたレシートを渡してしまうなどという痛恨のミスもあるのです。

このようなパターンは時間給店員の場合や、さほどクレカというものが利用されることの少ない店頭においてクレカを提示すると担当者の動揺が見られるのではないでしょうか。

店員が誤った方の明細レシートというものを渡した場面では、親切に「こちらは違いますよ」と一言言ってみてはいかがでしょうか。