外国為替取引市場としての外国為替証拠金取引を、掘り下げてみます。

外国為替証拠金取引(FX)では二国の金を交換し両方の通貨の差額を獲得できるというやり方となります。

両国の通貨の関係で生み出される差をスワップ金利と呼んでいます。

このスワップ金利は正式名はスワップポイントと呼ばれるようです。

スワップポイントは、一日ごとに獲得できますが、日々の為替の相場の変動次第で異なってくるようです。

こんなFXのスワップ金利をもらうことをねらいに、FXの取引をやっている方もいるみたいです。

スワップポイントは、取引業者ごとに違ってくるのでできるだけスワップポイントが高い取引業者でトレードしたい所です。

ただスワップ金利は為替のレートが変わることで一緒に変化するので注意しましょう。

併せて為替トレードをするためにはグラフを読めるのが必要になります。

このグラフを読めると為替のトレードの変化を読み取る事が可能となると言われています。

外国為替初心者が見た時、いったい何のチャート?などと不思議に感じてしまうのでしょうけどツボを捉えていることでグラフを読み取る事が出来るようになるのです。

どこから日本円が上昇傾向にあるとか下がるだろうという風に今が一番円安などとこの図表を読める事で判定が出来、為替の取引をやる際は大変大切なネタとなるはずです。

この図表は、ローソク足(陰陽足)を使っていて名前通りローソクの形をした図で示されているのです。

このローソク足(陰陽足)を使って、高値や安値、そして終値・始値を表されていて図においていろいろな格好になって行くのです。